インスピレーション・レベルの仕事

仕事おには、インスピレーション・レベルの仕事があります。
その仕事を見ているだけで、「すごいな、いいな」と思い、
何か発想が湧いてきそうになる仕事です。
 
 
以前福岡へ旅行したとき、
友人に勧められて、
小さなコーヒー店訪れました。
 
ベストを着た老齢の店主が切り盛りするお店で、
その方が淹れるコーヒーが絶品だと聞いたのです。
 
カウンターに座り、
僕はコーヒーを注文しました。
 
そしてその後。
マスターがコーヒーをつくる姿が
とても素敵で印象に残りました。
  
   
缶から粉をだしサイフォンへ移す姿も、
湯を火にかける姿も、
できあがったコーヒーをカップへ注ぐ姿も、
 
こんな言葉は平易で使いたくないけど、
「うつくしいな」と思ったのです。
 
動きはすべて弧を描き、
通るべきところを通っているように思えました。
本当に、うつくしい。ふぅ。
 
こういう経験をした時、
僕はいつも思うことがあります。
  
 
仕事には、どれもレベルがある。
 
  
日々出会う様々な仕事の中には、
不平不満を感じたくなるような
拙い(つたない)仕事もあります。
 
逆に、とても満足できる仕事もあります。
 
 
大抵の仕事は「普通のレベル」で、
気にとまることも、記憶に残ることなく、
すぐにどこかへ消えていくことが多いでしょうか。
  
 
そして時に、コーヒー店で僕が経験したような、
とても見事で、
その仕事を見ているだけで
インスピレーションが湧いてくるような
すっばらしい仕事に出会うこともあります。
 
 
インスピレーション・レベルの仕事です。
 
 
この差は一体なんでしょう。
一体どこから、生まれるのでしょう。
 
 
僕はその差を生むものを、
「こころくばり」と「慈しみ」言葉にしておきました。
 
 
仕事と向き合い、
どれだけ微細なこころくばりを積み重ねられるか。
その量や、
その時間の長さの差が、仕事に違いを作ります。
 
長い歴史は不要だけれど、
意識を向けた回数は、必ず必要。
iPhoneのインターフェースや動きを見てても、
どれほどの調整を積み重ねたか
ため息が出ます。
 
 
仕事のあちこちに心を配って
ちいさな、ちいさな調整をしていく。
すると、仕事は全体で調和していきます。
 
 
それから「慈しみ」。
珈琲店の店主は、僕とおしゃべりをしながらも、
 
コーヒーの道具を
慈しむように手入れしていました。
「この人は、自分の仕事を大切にしている」
そう感じたものです。
 
 
こころくばりをする。
そのためのスタンスが
「慈しみ」と思いました。
 
いい仕事に触れると嬉しいし、
自分もそういう仕事がしたいと思います。
何度も思い返す言葉になりました。