潮目の変化?

いろいろな会社とつきあっていて思うのですが、
 
昨年くらいから、
人が、その人の課題と、かなり無理矢理な形で
直面しなければいけなくなるようなことが
増えているように感じます。
 
首根っこつかんで、むりやり、痛みを伴っても
「君の考えの、ここが課題だ」
と見せつけられるような形です。
 
大きな社会的事件というわけではないけれど、
その人にとっては、とても痛い、大きな事件。
 
  
あまりに無理矢理で、
まるで「この事件は、他人のせいで起こったのだ」と
いいたくなる(言ってもいい)ような出来事の
ケースもあります。。
 
「その痛みは、心に刻まれて、ずっとのこる」
くらい、いたそうなケースもあります。
  
何が変わったのだろう、潮目が違う方に流れている。