あたまの中の混乱を、シンプルに整理する。

こんにちは!吉井りょうすけです。
今日は、経営がうまくいかない理由について
考えてみたいと思います。

 

僕たちは、考えたことを、形にしていきます。

会社をつくる時に、
「売るというのは、こういうやり方」
「人を雇ったら、こう振る舞う」
「メールが来たら、こう返す」
「書類は、こうしまう」

細かな所でも、大きな所でも、
「これが当たり前だろう」と思ったことを
ひとつひとつ実行に移してきたと思います。


それで、その「これが当たり前だろう」が
間違っている時に、問題が起こります。

結構「社内のマネジメント」で問題を抱える経営者は多いですが、
それは、「売るのは、こどもの頃からお客さんとして
経験してきた。イメージできる」でも、
「社内でどう接するかは、実はまったく知らない。
 学校の先生の振る舞いくらいしか」
という人が多くて、「これが当たり前」と思うことが
そもそも誤解のことが多いからだと考えています。

 

経営の問題を解くのは、結構難しいことだと思いますが、
どうですか?なんだかんだいって、一度安定した状況から、
新たに変化を起こせる会社は、多くないのでは。

「これが当たり前だろう」と思っていることが
間違っていて問題が起こると言いましたが、
まさか当たり前のことが間違っているなんて、
想いもよらないからです。
当たり前に正しいんですから。


もう一つ、問題が生まれる、僕たちの持って生まれた性質があります。
それは、なにか考え及ばないことがテーマになった時に、
なぜか僕たちは、イライラし始める傾向があるようなんです。


よくわからないことと直面したとき、
混乱して、なぜかイライラする。

その混乱のまま、「イライラすることは、あっちいけー!」と
いわんばかりに、次の指示を出します。
でもその指示は、意味をなさないことが多くて、
混乱はおさまりません。


混乱が、混乱したままで、何が起こっているか
自分がどう考えているかが、よくわからない。

そのことは、経営の大きな問題で、
もうすこし安心感を持てると、
実は、自分にできるシンプルなことをこなすることで、
経営がうまくいき始めることが多いです。


あたまの中の混乱を、シンプルに整理する。


実はこれ、いい会社を経営したい、成功したいという方にとって
すごく大切なことだと思っています。


▼クライアントさんにインタビューしました。記事として公開。
 似たような状況の方は、勇気づけられるかもしれません。
 http://www.wacholder.jp/interview/musubikatame.html

 

▼無料のコンサルティングの日を月に1度設けることにしました。
 http://www.wacholder.jp/consulting/muryo.html
 なにか漠然と混乱しているなんてかたは、いいかもしれない。