メディアで変わる、ことば

想いを伝えたいとき、
言葉はあふれてくる。

伝えたくて、
伝わらなくて、
言葉が、またふえる。


言葉は、
いつでも「想いの熱量」に届かないから、

想いをつたえる言葉は、
いつも饒舌で、矢継ぎ早。


饒舌な言葉は、「話し言葉」のときは
信頼される可能性がある。
一生懸命話す、「話し方」が伝わるから。

けれども「書き言葉」では、
混乱して、つたわらなくなる。
一方的で、「情報」が前後左右に動くから。


あなたは何を伝えたいですか?
それを伝えるために、
どんな伝え方をしたらいいでしょうか?
メディアごとに、
伝わる伝え方は変わるものです。